タイトル
文字の大きさ 文字を小さく 文字を標準に 文字を大きく
背景色 白 黒 青
サイトマップ アクセス 個人情報保護方針
社協概要 地域福祉 在宅福祉 介護のこと 子育て支援 ボランティア
 トップ > 社協通信 > 社協通信2018
社協通信

社協通信シンボル

《最新情報》

《2018年》

《2017年》

《2016年》

《2015年》

《2014年》

社協通信
地域で見守る大切さを実感!〜学んであんしん福祉講座開催〜
 9月20日(木)、北秋田市老人クラブ連合会、鷹巣いきいきクラブで学んであんしん講座を開催しました。
 当日は北秋田市社会福祉協議会で提供している地域福祉事業のうち「一人ひとりが見守り隊」「権利擁護事業」についての講座となりました。

 「一人ひとりが見守り隊」は認知症高齢者等の早期発見に地域ぐるみで支援する取り組みとして、「権利擁護事業」は認知症や精神障がい、知的障がいなどの理由で判断能力の不十分な方たちを保護・支援する「成年後見制度」、地域で自立した生活が送れるよう利用援助等を行う「日常生活自立支援事業」を行っています。
 クイズやパネルを使った説明に参加者の皆さんはメモをしながら真剣に聞き入っていました。
 
 講師の職員から「認知症は地域の支えが大切、認知症は家族だけでなく地域全体で見守りができる病気の一つ」と地域で関わることの重要性について伝えられると、「定期的にみんなでこうして集まることが認知症の予防や地域で支えることにつながる。これからも参加しましょう」「とてもわかりやすかった。また講座を受けたい」との声が聞かれました。
 
 講座を希望される自治会・町内会等がありましたら、お気軽に北秋田市社会福祉協議会までお問い合わせください。


【お問い合わせ先】
社会福祉法人 北秋田市社会福祉協議会
〒018-3312 秋田県北秋田市花園町16番1号 TEL(0186)69-8025(代表) FAX(0186)63-2460
Copyright (c) 2011-2018 Kitaakita-city Council of Social Welfare. All rights reserved.